有名作家はファンサイトもあるので解釈などを語り合おう

by

小説家の中には新人の人もいますが、やはりのベテラン作家もいますし、有名な作家さんもたくさんいます。そして、人気の作家になるとファンサイトというものもできていますので、その作家さんが好きならばそのファンサイトを訪れてみるのもいいのではないでしょうか。ファンサイトを見ることによってどのようなメリットがあるかと言えば、一番大きいのは自分が好きな作品についての感想を語り合えるようなことです。自分の感想を書き込んでほかの人から意見をもらったり、ほかの人たちの感想を閲覧するというようなことができるのです。自分ではつまらないとか分からないなどと思っていた部分もそれらをみればよくわかるということもあるかもしれませんので、ここを見てみることによってメリットがあるのです。また、解釈がわかれてしまうようなことでもファンサイトを見れば人それぞれの解釈が見えてきますので、それらに感心したりというような楽しみ方もできるのではないでしょうか。また、オフ会などが開催されることもあって、みんなでご飯でも食べながら好きな作家さんについて語り合ったりということもできますので、このようなことも楽しみにしていてはどうでしょうか。

未来を描いた作品で夢を見てみよう

by

当たり前のことですが、誰しも今という時代を生きているわけです。そのため、過去のことは誰もが知っていますが、未来のことはわかりません。しかし、勝手に想像することはできるわけです。だからこそ、数ある小説作品の中には未来のことを書いているものもあるのですが、ためにはこのような小説などにも目を向けてみてはどうでしょうか。好みがあるとは思いますが、未来のことはどう想像しようとも自由ですし、まだ見たことない時代のことだからこそ、読んでいて楽しいものです。そして、未来の話となるとどうしてもSFなどのものを想像してしまいがちですが、たしかにそのようなものもありますが、なにも全てがそういう類のものということでもないのです。たとえば、先進技術などをさらに進化させたすごくリアルな世界を描いているようなものがあったり、今は治らない病が治るようになっている時代のことを書いていたりと、SF以外にもいろいろなものがあるのです。そのため、ファンタジーな世界だけではなく、いろいろと情報や知識を得ることができるようなものもありますので、とりあえずというような気分でもいいので読んでみてはどうでしょうか。なかなか面白い本が多いものです。

本を急いで読まないといけないということはない

by

本を読む上で急いで読まないといけないというふうに思ってしまっている人もいます。とくに本を読むのが遅い人の場合には、人よりどうしても時間がかかってしまうものなので、そうなると急いで読めるようになりたいなどと考えてしまうこともあるのですが、そもそも本を読むスピードというものは人それぞれ異なります。そして、急いで読みたいと思ってもそれでは中身が頭に入ってこないということになってしまって、それでは本を読んでいる意味がないということになりますので、急いで読まなきゃいけないなどと自分に思わせないようにしましょう。よく、速読などといって本を素早く読む方法などが紹介されていることもありますが、これは仕事などでどうしても読まないといけないなどというケースに利用すればいいわけで、普通に趣味として本を読んでいるだけであれば、そのような方法をとらなくてもいいと思います。自分がストレスなく、ごく普通に読めるスピードで読書をしていったほうが楽しいわけですし、仕事でもないのに楽しくない読書をしたところで意味がありませんから、本は自分なりのペースで読んだほうがいいです。それでこそ、読書をおこなう意味があると言えるのです。

本が本当に好きなら本屋店員になるという生き方もある

by

本が好きな人はとにかく本を読む毎日に幸せを感じるでしょう。とにかく、読書がある毎日、本のある毎日というものに幸せを感じるのでしょうが、さらに上を目指してもいいのかもしれません。どのようなものかと言えば、本屋さんの店員になってしまうという方法もあるのです。もちろん、そこまで好きじゃないという人もいるかもしれませんが、思い切り本が好きということであれば、最も楽しい毎日が過ごせるのは本屋さんの店員ではないでしょうか。毎日、本に囲まれて過ごせるわけですから、これほどに楽しい毎日はないはずです。もちろん、好きなものを仕事にした途端、現実的なこととも向き合わないといけないということになってしまい、それはそれでつまらないということもあるかもしれませんが、本がかなり好きな人であれば現実的なことをある程度見たとしても、そのようなことは乗り越えることができると思います。そのため、本が好きで毎日本に囲まれて過ごしたいということであれば、まずは本屋さんで働くということを考えてみてはどうでしょうか。もしもまだ自分が大学生などということであれば、とりあえずアルバイトとして試しに働いてみて様子を見てもいいかもしれません。

台風接近中なら本をキープしておきたいもの

by

毎年、夏になると台風がたくさんやってきて大雨や暴風雨ということになってしまうのですが、もしも天気予報を見ていて台風が自分の住んでいる地域に接近してきたことがわかったら、本をたくさん用意しておく合図かもしれません。とくに普段からたくさんの本を読んでいる読書家の場合には、まさしくそのタイミングになると思います。なぜなら、このあと台風がやってくれば家の外に出られるような状況ではなくなります。どうしても外出しないといけないのであれば仕方がありませんが、それ以外はできるだけ外に出たくないはずです。とくに週末などに台風がやってきた場合には、家から出ないままに土日を過ごしたいと思うことになりますが、そのような過ごし方をするならば、家の中にいても飽きないような過ごし方を見つけておかないといけません。そのときに、すでに家に読むべき本がたくさんあるならそれを読めばいいのですが、そうじゃない場合には新たな本を買ったりして読める本をキープしておいたほうがいいのです。そのようなこともありますので、台風が来ている時には家の本棚をチェックして、これから数日感、家の中で飽きずに過ごせるかどうかを考えてみるようにしてください。

読書はベッド派?電車派?トイレ派?

by

読書をおこなうことに適している場所は家の中にも外にも色々とありますが、代表的な場所としては家の中で言えばベッドの上やトイレ、お風呂場などです。そして、外の場合には圧倒的に電車の中だと思います。このように日常で当たり前に使う場所が読書には適しています。もちろん、そのときの気分とかもあるでしょうけど、人それぞれ読書をするのに一番の場所というものがありますので、このような場所を中心にしながら自分が最高に読書に集中できる場所を探してみてください。読書が好きなら、このような場所を自分で知っておくということが大事だったりします。自分はベッド派なのか電車派なのかトイレ派なのかお風呂場派なのかなど、自分で自分をよく知っておいてください。ただし、この場所というのは時間の経過によって変わったりすることもありますので、あまりひとつの場所に固執しないほうがいいかもしれません。それをしてしまうと、かえって集中できない場所で読書をおこなってしまったりしますので、そのあたりは考えておいたほうがいいですし、自分で把握しておいたほうがいいと思います。しかし、まずは最高の読書環境というものを自分自身で見つけてみてください。

待ち合わせに早く着いたら携帯いじるか本を読むか

by

最近は携帯電話のおかげで待ち合わせ場所をしっかりと決めなくても、待ち合わせができるようになりました。そのため、なんとなく駅前などで待ち合わせをしたりすることもあるのですが、今の時代でも変わらないのが相手を待つ時間だったりします。相手がちょうど来ないということになると、自分がしばらく待つということになるのですが、そのような場合の暇つぶし方法というのは今も昔も変わることがありません。そして、昔だったらその時間はとにかく本を読んだりして暇つぶしをしたりするのですが、今は携帯をいじっている人が圧倒的に多かったりします。でも、そんな今だからこそ携帯をいじるのではなく、本を読みながら相手を待つというのもいいのではないかと思います。待っている場所や時間にもよりますが、本を読める状況にあるならば自分が持っている本を読みながら相手を待ってみてもいいのではないでしょうか。もちろん、そのためには本を持っているということが大前提ですが、場所が駅前などであればすぐ近くに本屋さんがあることも珍しくないはずですから、相手がしばらく来ないということであれば、本屋さんまで行って立ち読みしながら時間をつぶしてもいいのではないでしょうか。

仰向けで読書中に寝ると本が落ちてきて痛い

by

家で読書をするときにはベッドの上で、しかも寝る直前というケースが多いと思いますが、そのような場合には読んでいる途中で本が頭の上に落ちてくることも考えて、仰向けはできることなら避けておきたいものです。本を読みながら寝てしまうというケースは読書家ならば一度や二度は経験したことがあるとは思いますが、そのようなときに仰向けだった場合、寝てしまった瞬間に本を持っていた手から力が抜けてしまって、本が顔に落ちてきてしまうのです。とくに新書のようなハードカバーの本になると重さも文庫本よりも重くて、しかも硬いということになりますので、痛いです。しかも、せっかく寝たというのにまた目が覚めてしまって大変ということになるので、できることなら仰向けは避けておきましょう。もちろん、自分がラクな姿勢で読書することが一番いいのでしょうが、このようなことも一応は考えておいたほうが自分の身のためだったりするのです。一番やりがちなことだからこそ気をつけておくようにしましょう。ベッドの上でよく読書をするという人は今後は一応は気をつけておくようにしましょう。読書をする中ではこのような危険もあるので、年には念を入れておいてください。

本屋さんという空間が好きな人も多いもの

by

本屋さんには独特の空気が流れています。お客さんも本屋さんの中で大声でしゃべっているような人はいませんから、周りに迷惑をかけまいと誰かと一緒にきている人も小声でしゃべることになりますし、ひとりの人がそもそも多いので、この空間はとても静かなものです。そして、ガチャガチャした雰囲気もなくてとにかく落ち着ける場所です。店員さんもなんだか頭の良さそうなスマートな感じの人が多かったりして、とにもかくにも落ち着ける場所なのです。そのため、本が好きというよりも本屋さんのあの独特な雰囲気が好きという人もいるわけです。あの場所にいるだけでなんだか癒されて気分がいいということもあるわけです。もしも今まで本が好きということであれば、これからは本屋さんも好きになるように心を向かわせてみてはどうでしょうか。もちろん、すでに好きという人もいるでしょうが、本屋さんというものを本を探すためだけの場所とはとらえないで、その空間自体も楽しんでしまおうというふうに思うと、また違った見方ができてくるかもしれませんので、そんな風に観るようにすることから始めてみてはいかがでしょうか。本屋さんはたくさんありますので、まずは出かけてみてください。

本を読むことを周りの人にもオススメしてみよう

by

自分が読書というものを趣味にしていて、そこにハマってしまったということであれば、これからはその楽しさを周りの人たちにもどんどんひろがていくという読書の布教活動のようなことをしてみてはどうでしょうか。もちろん、このようなことは押し売りになってしまうとよくないのですが、本を読みたいとは思っていてもなかなか手が伸びないなんていう人も世の中にはたくさんいますので、案外、一言ポンと背中を押されたら、そこから読書にハマるというような人もいます。自分の影響で読書にハマってくれたということであれば嬉しいでしょうし、何よりも読書仲間ができることになりますので、お互いに面白い小説を紹介し合ったり、その感想を言い合ったりというようなこともできますので、やはり身の回りに同じ趣味の人がいると何かと楽しいわけですし、今まで以上に読書というものを楽しめるようになるはずです。そのため、人のためでもあり、自分のためとも言えるわけですが、このようなことをおこなっていくことも考えてみましょう。押し売りのようになってしまうと相手からすれば迷惑ですが、そこさえ気をつけていればオススメされたほうも嫌ではないので、問題ないと思います。

1 2 3 4